肩もみをしてあげることは、ささやかでありながら大きな親孝行。

肩が凝っていそうな仕草をしていたら、声をかけてみましょう。

「どこが凝ってるの?」なんて言いながら、親子のコミュニケーションを図れるのも良いところです。