人間誰しも欲しいものをプレゼントされるのは嬉しいです。それが我が子からの贈り物なら、なおさら嬉しいことでしょう。

欲しがっているものが分からない場合は、一緒にお買い物に行くなどしてリサーチするのも良いですね。

記念日や誕生日が近いときは、ストレートに「何か欲しいものある?」と聞くと親御さんも喜びながら考えてくれるでしょう。